アリーグル 蚤の市 (marche aux puces d aligre)|マルシェと蚤の市を同時に観光

バスティーユから歩いて10分程、下町風情のパリ12区にある、アリーグルの蚤の市は、味のある古き良きもの家庭にあるガラクタなどの宝庫。
平日にも開催している蚤の市なので土日に滞在出来ない人、雰囲気だけでも手軽に味わいたい人におすすめです。


Le marche d’Aligre / loresui

古着、古本、古い写真、食器、人形、おもちゃなど。野菜や果物が並ぶマルシェと同様の場所なので、マルシェと蚤の市を同時に観光したい場合は手軽に両方楽しめます。
広場周辺にはカフェやパン屋もあるので、ホテルでの朝食はとらずにカフェでマルシェに集うパリジェンヌを見ながら朝食をとったり、マルシェで試食(Degustation)を楽しむのもおすすめです。

蚤の市 最新情報ピックアップ

日本語ガイド付きでパリの朝市(マルシェ)を散策出来る人気の現地ツアー


Women on Velib / ntoper

フランスといえばグルメの国。外食より家で食べる事が多いパリジェンヌ達は旬の新鮮な食材を求めて市場(マルシェ)に足を運びます。
モンサンやトゥールなど有名観光地を散策するのも楽しいですが、フランスの人達が普段どんな所でどんな買い物をしているのか見られるマルシェは一見の価値ありです。
言葉がわからなくて不安!な方は日本語ガイド付きツアーがおすすめです♪

参加された方々の声 (申込みサイトから抜粋)

★朝市は、色々な品物が溢れ、慣れないカタコト仏語で注文するのも楽しかったです。調味料(ミックススパイス)をお土産に購入しました。
★塩・はちみつ・フォアグラの缶詰を購入。その日に帰国予定だったので、小さいミカンを1ユーロ分買いましたが、8個買えてそのおいしさに感動。
★ガイドさんおすすめのフォアグラのお店や塩、クレープのお店を紹介してくださりお土産用に購入しました。
★朝市は素晴らしいの一言。市場のオジサンたちもみんな気さくで、日本では買えない貴重な食材(塩)や美味しいキャラメル、フォアグラ缶などを買いました。

予約【日本語予約OK】 フランスの現地ツアー予約の問い合わせ・申込み(リンククリック後、ページ上部検索ボックスに「マルシェ」と入力して検索ください)

予約終了後にメールで送られてくる集合場所や送迎車到着時間が記載されたバウチャー(予約確認書)をプリントアウトし、旅行時にお持ちくださいね。

基本情報

marche aux puces d aligre

http://pucesaligre.unblog.fr/

Instagram photos and videos

[営業時間] 火-金 9:00-13:00/16:00-19:30、土9:00-13:00/15:30-19:30、日 9:00-13:30
[定休日] 月曜日

所在地と最寄駅

[所在地] Place d Aligre 75012 Paris
[最寄駅] Ledru-Rollin(メトロ 8番線)

蚤の市・ブロカント