フランス国内の鉄道パスを使ってフランス国内を周遊する

フランスレイルパスをご存じですか?
フランスレイルパスとは、フランスの国鉄(SNCF)で利用出来るパスの事をさし、フランス国鉄(SNCF)、TGVなどを利用して、無制限にフランスを自由に旅行できるパスです。

自分のペースで旅行を楽しむ事が出来て利用金額もお手頃、地方の郷土料理を堪能したり、フランス国内の名所をぐるり観光する手段として人気です。

[P R]

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1I26L8+B72O9M+1UMM+67C4J


このレイルパスは日本語のサイトから購入する事が可能で、事前購入の良さは「時間の節約」です。

フランスレイルパスはフランス国鉄(SNCF)の鉄道路線で利用可能で、利用開始日から1カ月間の有効期間内で、3~9日の鉄道利用日が選べるフレキシータイプの鉄道パスです。

このパスがあれば、パリ近郊列車(RER)B線のパリ・シャルルドゴール空港‐パリ北駅間も利用できます。

欧州の列車のチケット窓口は常に混雑していて、やっと自分の順番がきても思うような言葉のやりとりが出来なかったり、とても労力がかかります。

トラブルもまた旅の醍醐味と思う場合は、現地での購入も楽しみのひとつだと思いますが、
スムーズに観光をしたり食事に時間をかけたい場合は是非買われておいて損はないと思うパスです。

日本語での鉄道チケットのご予約・ご購入。チケット紛失時の保険あり。
ヨーロッパ鉄道のチケット販売

乗車期間は自分で選択可能


Trains de la Mure (France) / trams aux fils.

乗車日を自身で決められるフレキシータイプで、
1つの都市をじっくりと堪能しながらフランス全土を旅行出来ます。
利用開始日から1ヶ月の有効期間内に、パスの使用日(乗車日)を3日間自分で選択して旅行する(最大6日の延長が可能)。
期限は発行日より6ヵ月以内

年齢別でカテゴリーがわかれています

■大人
■シニア:60才以上
■ユース:12~25才
■子供:4~11才
■セーバー:2名以上同行の場合の1名あたりの料金
※)セーバーパスは、2人から5人までのグループで旅行する場合に利用できる割引料金。単独旅行は不可。

種類

1等と2等の2種類
※)バスや地下鉄など、市内の交通機関では鉄道パスを使用できません。

フランスレイルパスに含まれるもの

フランス国鉄(SNCF)の乗車運賃、急行料金
RERの路線B(シャルル・ド・ゴール空港~パリ北駅間のみ)、路線Cの全線

利用を開始する(ヴァリデーション化する)

20050925-FranceStrasburg-01
blueash_t

鉄道駅のチケット窓口に行き、鉄道係員にパスの有効期間の開始日と終了日を記入してもらいます。
鉄道係員がパスにスタンプを押す時、パスポートの提示が必要になります。
場所は、フランス国鉄(SNCF)の駅、パスの発行元(トラベルプラザインターナショナル社)でも可能。

利用開始後の乗車日について

乗車する日に、ご自身でパス券面の所定の欄に乗車日を左詰めで記入。 途中から記入したり、とばして記入したり、乗車する前に全枠を記入すると違反です。

午後7時以降ルール

午後7時以降に出発する目的地までの直行列車に乗車した場合、その日にパスを使って列車に乗っていなければ、 次の日が使用日と見なされます。
(該当日の利用がなかった場合には、翌日の日付を記入。午後7時以降の乗車は、翌日の通用日に含まれます。)

3日間パス、参考価格情報


Map of the high speed rail network (TGV France) / Train Chartering & Private Rail Cars

■大人:22,700円 
■シニア:19,800円
■ユース:16,000円
■子供:11,400円
■セーバー:19,300円

日本語での鉄道チケットのご予約・ご購入。チケット紛失時の保険あり。
ヨーロッパ鉄道のチケット販売

【旅ガイド】パリ発フランス鉄道旅行

パリを基点に放射線状に地方都市までを結ぶ、世界最速の高速列車TGV。
リヨン、マルセイユ、ニース、ボルドー、フランスでの列車旅の出発点となる鉄道案内本です。

パリ発フランス鉄道旅行

【楽天ブックスならいつでも送料無料】パリ発フランス鉄道旅行 [ イカロス出版株式会社 ]